今日もマリオが行く

或る時は犬のお父さん。在る時は釣り師。その姿はメランコリックでメタボリックな奴です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れたびー

真面目に書きます。

今日も忙しい一日でした。
福祉用具とかもろもろの取り扱いが変ることの説明に奔走してい
ましたが、印象的だったのは、案外に利用者さんは納得してくれ
るってことですね。
要は時代の変化が分かっているってことでしょうね。

今の日本は問題山積ですからね~。
介護保険だけじゃなく、医療・年金だとかいろいろあるし。
「老後」が安心できるってことが一番の理想なんだろうけど
経済の状況とか考えると、現状では仕方ないとも思えます。






スポンサーサイト

中野にて

今日は、国保連の説明会でした。

皆、やはり混乱してるんでしょうね。
説明会が終わって、携帯でそれぞれに連絡している光景を見かける
けれど「今さぁ~、サンプラザ中野にいるんだけど・・・」って
言ってる人いましたね。

釣り人へ

元ルアーマンさま

元ルアーマン:「今日は、バイトしねぇーなぁ~。やっぱボトムを
        タイトに攻めねぇ~と」
   隣の俺:(何て言ってんだ・・・・・)

元磯釣り師さま

元磯釣り師:「おーし、うおーっ!・・・・ハァ、ハァ~・・・・」
  隣の俺:(船はよぉ~釣り座決まってんだよ・・・船の上で
       ピョンピョンするんじゃねぇ~よ・・・・)

それだけじゃねぇ~んだよ・・・

隣の釣り人:「おたくよく釣るねぇ~。付け餌何使ってんの・・・」
  隣の俺:「桜えびだよ」
隣の釣り人:「俺も持ってくりゃよかったよぉ~」
  隣の俺:(腕自体が違うんだよ・・・・・)

ライバル?

  そいつ:「マリオさん、今日何尾釣ったのぉ~」
  マリオ:「5~60尾くらいじゃん」
  そいつ:「うわーっ、今日はやられたなァ・・・」
  マリオ:(オメェに今まで負けたことあるかよ・・・・)

真夏の船上

 老釣り師:「あちぃ~なぁ~」(と、上半身裸になる・・・)
 老釣り師:「イサキはたいて(産卵のこと)ガリガリだなぁ~・・」
    俺:(あんたもな・・・ワキガくせーし・・・・)

乗船名簿

    俺:「○○さん、サバ読んで45歳とか書いてるよ・・・」
 その仲間:「ホントだよ・・・」
    俺:(今まで敬語使ってだじゃんかよ・・・・
       野郎タメ口ききやがって・・・・・)

船長へ

鯛釣り

(釣り人がバラシた時)
 船長:「ケッ、艫のジイさんバラシやがったよ」
    俺の方を見て
 船長:「あんたもメシばかり食ってんじゃねぇ~よ」
  俺:(俺と関係ねぇ~だろうに・・・・・・)

(船長がタモ取りに失敗した時)
 船長:「リリースサイズだな・・・・」
  俺:(釣り上げてから俺に決めさせろよ・・・・・)

(魚が食った時)
  俺:「おーし、食った!」
 船長:「おらっ、ドラッグだよ、ドラッグ!」
  俺:「・・・・・・?」
 船長:「何やってんだよ!ドラッグ使えよ・・・んーっ、もう!」
  俺:(ドラグだろ・・・・標準語使えよ・・・・・)

ワラサ釣り

(魚が食った時)
  俺:「よし、きた!クワーッ!オーシ・・・・」
 船長:「ハリス何号?」
  俺:「よ、4号・・・・」
 船長:「バカヤロー!5号以上使えって言っただろ!」
  俺:(今は、んなこと言ってるバヤイじゃねぇ~だろ・・・・)

イサキ釣り

(目の前の船と指示ダナが違う時)
 船長:「右のトモのお客さん、あのさ~前の船のアナウンス聞いてな
     いでよ~。魚探にステン缶映るんだかんね。ヤなら前の船乗     りなぁ~・・・・」
  俺:(そのタナで今アタッたよ・・・・)

アカイカ釣り

(最新型のソナーを入れた時)
 船長:「おーし、イカ見っけ!はい、投入の準備しといて・・・」
 船長:「ハイ、どーぞ!ほらモタモタすんなよぉ~」
 船長:「いけねぇ、サバだわ・・・・」
  俺:(機器の性能にオペレーターの能力がついていってねぇ~な
     仕掛けめちゃくちゃじゃんかよ・・・・・・)

キントキ釣り

(釣れなくてキントキでも狙うかって時で自分だけ釣れない時)
 船長:「どーしたら、釣れないように仕掛け落とせるんだよ・・・」
  俺:(それはそれで難しいんだよ・・・・・)
(更に仕掛けに不安がある時)
  俺:「この仕掛けでいいのかよ・・・・・」
 船長:「大丈夫だよ、魚は学校行ってねぇから・・・・・」
  俺:(それでも釣れない俺の立場はどーなるんだよ・・・・・)

泳がせ釣り

(オモリが重い時)
 船長:「オモリ何号使ってるの?」
  俺:「60号ないから100号だよ」
 船長:「アジが可哀そうだよ」
  俺:(この釣り自体がアジにとっては悲劇だろうよ・・・・)

真冬の船上

(鼻水のたれた時)
  俺:「うー寒ーっ、船長、ティシュちょーだい・・・・」
 船長:「何に使うのぉ~・・・・」
  俺:(フィリピンパブばっか行ってんじゃねぇ~よ・・・・)

操舵室付近

(無線が聞こえる時)
 無線:「そっち釣れてるぅ~・・・・・」
 無線:「あ~ねぇ~、うちも同じだよ・・・今日は下手な客ばっか
     でよ~」
  俺:(コイツ、人のことなんて言ってんだ・・・・・)

大ドモ付近

(船長がトイレから出てきた時)
 船長:「あ~、潮動かないなぁ~・・・・・」
  俺:(自分のクソで潮流見るんじゃねぇよ・・・・)
  俺:「ポイント変えない?」
 船長:「もう少しねばろうよ。」
  俺:(クソが流れねぇ~んだよ・・・・・)

先手必勝?

何年か前、まだ深場釣りを始めて間もない頃のこと。

釣り座にタックルをセットしていたら、左隣の釣り人が
近付いてきて私に耳打ちした。
「あんたの隣の奴さ、お祭りすると魚盗るからさ。奴は泥棒
だから気を付けなよ」って言うわけね。

で、船が動き出すと今度は右隣の釣り人が近付いてきて言う
には「あんたの隣の奴、泥棒だかんね。魚盗られないように
しな」だと。

で、背中合わせに今は亡き師匠がいたので、その旨伝えると
「盗られるほど釣れるの?」だと。で「釣れなかったら、今度
釣った時に返すから魚貸して」って言ったら「貸すのはいいけど
返せるの?」だと。
両隣泥棒で、後ろは高利貸しじゃたまんねぇ~なぁ~って感じ
ですね。

何事もやられる前にやっちゃわないとダメだと思ったもんです。

熱海の夜の医療ミス?

仲のいいSさんから聞いた話です。

Sさんの職業は秘密ですが、文句なしの勝ち組です。

しかし、糖尿がひどく節制しています。

そのSさんが「総会」に出席することになったそうです。
我々の業界だと「総会」は公共施設を借りてと言うことに
なりますが、その業界では「熱海」が多いそうですね。
しかも、乾杯はビールではなく枡酒だそうです。

Sさんは6ヶ月間一滴たりともアルコールは飲まずに節制に
努めていましたが、本人の弁によると(雰囲気を壊してはいけない)
との思いで温泉につかり浴衣に着替えて「カンパァーイ」ってした
そうです。
その時、「クワーッ」っときたそうです。
分かりますねぇ~、その気持ち。痛いほど分かりますね。
その後も(雰囲気を壊してはいけない)ので一杯が二杯、二杯が
三杯・・・となっていくうちに目が回ってきたそうです。
本人もこれはマズイと思い、周囲も心配して病院へと運ばれた
そうです。救急車は(雰囲気を壊してはまずい)ので止めて
べンツで行ったそうです。
そこで急患用のベッドに寝かされていたのですが、そのうちに
周囲がザワザワしてきたそうです。
どうやら自殺者が運ばれてきたというのが、医師と看護士さんの話
から理解できたそうです。
(参ったなァ~自殺死体の隣かよ~)って思ったそうです。
しかも、ザワザワしてて煩いし。
看護士さんの「先生、死後硬直が始まってます。合掌だけでもさせて
あげないと」言う会話までは聞いていたそうです。

そして、朝になり体調も安定してきたので、帰ろうということになり
身支度を整えようと浴衣の紐を探したけど見あたらなかったとのこと。
看護士さんに「紐知らない?」って聞いたそうです。

で、フッと見ると何と自殺死体の合掌した手首に(俺の浴衣の紐)が
巻かれていたそうです。
「お返しいたします」って言われたそうですが、「ざけんなよっ・・」
ってなったそうです。
当たり前ですよねって私に同意を求めるので「ひどい話だけど・・・
笑っていいですか?」って聞いたら「どうぞ」ってSさん言うので
返事聞いてから笑ったです。
Sさんによるとみんなが笑うので「アタマにきたけど、俺も笑ちゃうしかないのかな~」って言ってました。あれは「医療ミス」だとも言ってましたね。

毎日がイナバウアー

思い出を書きます。

この仕事に就く前、今から7年前までは某県の某医療機関にいました。
いつだったか、用事があって出掛けて急いで職場に戻る必要があった
ので駅からタクシーに乗って行く先を告げたら

運転手さん:「お客さん、あの病院だけは止めといたほうがいいよ」

って言われたところです。

そこに、助手?としていたIさんのこと書きます。
恨みは何もありません。ただの事実です。
しかも、こんなこともありましたってんじゃなくて、Iさんの日常
のほんの一部です。

ある日のこと、朝出勤したら、待合室の窓ガラスが割れて室内に
破片が散乱し、窓が開いてカーテンが風にそよいでいました。
しかも、事務所内の机の引き出しが開けられたままになっていました。
そのシチュエーション分かりますよね?

その待合室にたたずむIさんに
  私:「うわっ、なんだこりゃ~、どしたの?」
Iさん:「ガラスが割れてるのよ」
    (んなこと見りゃ分かるんだよ・・・・)

別の日の朝
何故か待合室のスリッパ棚に花火が束になって置いてあった。
  私:「何これ?」
Iさん:「花火じゃない」
    (やっぱり、そーきたか・・・・)

違う日の朝
何故か怒りのIさん。
Iさん:「あたし、今朝、娘と喧嘩しちゃったわよ(怒)」
  私:「何で?」
Iさん:「娘が、あんたってホントにバカねッて言うんだもん」
  私:「親にむかってあんたって言い方はよくないよなぁ~
     言ってることは合ってるけど」
Iさん:「そうでしょう・・・」
    それ以外のリアクションはなかった。

別の日の怒りの朝
Iさん:「ちょっとぉ~、自転車って右側走っちゃいけないの?」
  私:「そうだよ(んなことも知らないのか・・・)」
Iさん:「右側走ってたらトラックのオヤジに(このババア、バカ)っ     て言わちゃってアッタマきてんのよ」
    更に続けて
Iさん:「そりゃ、あたしはもうババアよ。だからババアはいいわよ。
     だけどバカってのが許せないのよぉ~」
  私:「そーかな?俺はIさんバカだと思うけど、若く見えるからバ     バアだとは思わないけど・・・」
    リアクションは・・・・
Iさん:「褒めても何も出ないわよ~」

   ホントに毎日仰け反ってましたね。
   戻りたくない過去ですね。

逆無言電話

忙しい時のセールス電話ってアタマに来ないですか?


多いのは電話機とかその周辺機器のセールスね。
あと、試験対策関係の営業。コピー機もありますね。
自宅にいる時なんて墓石とかもありますね。

そこで当事業所では対策考えますたぁ~。
だいたい電話機とかコピー、受験対策とかは
営業の奴:「ご担当の方いらっしゃいますか?」
     とかぬかすので
   俺:「私ですけど」
     って言うと話長引いてアタマにくるだけなので
   俺:「はい、ちょっとお待ちください」
     って言って、保留にしてそのままにしておくって
     作戦考えたわけね。
     これつまんないです。
     正解は・・・・・・・
営業の奴:「ご担当の方いらっしゃいますか?」
     とか言って営業だと分かってからは
   俺:「・・・・・・・・・・・・・・・」
営業の奴:「もしもし・・・・もしもし・・・」
     ってのが面白いですね。

あと、訪問型の営業もありますね。
一番多いのが「お使いの電話機の点検にきました」とか
「○○Tですけど、今、工事をすれば電話料金がお安くなります」
ってパターンのバカね。

ご丁寧に「ちょっと拝見します」とか言って「無料で電話料金が
お安くなります。勿論、工事も無料です」とか言うバカね。
で、結局は、モデムのリース契約変えさせようとする営業ね。
このタイプには
   俺:「無料なんだろ?」
バカ営業:「リース契約を変えていただいて・・・」
   俺:「だから無料なんだろ?」
バカ営業:「リース契約を変えていただいて・・・」
   俺:「さっき、んな事いってねぇだろ?」
     「無料なんだろ?」
     と、延々続けて時折、
他の職員:「無料でって言ったよ・・・」
     と、言わせて自分達だけコーヒーを入れてタバコを吸う。
     その間、営業マンは立たせたたままにする。
     さらに、出口に立ち外を見ながら塞ぐ。
     そして、自分達だけ昼食の弁当を食べ、テレビなど見ながら
     しばらく無言で過ごし
     少し、大声で
   俺:「無料だって言ったよな?あ~?」
     飽きたら仕事を始める。
     帰ろうとしたら
   俺:「話終わってねぇ~だろ」
     と凄む。
     更に、
   俺:「俺、出掛けてくるから待ってろよ」
バカ営業:「いやもうけっこうですから・・・」
   俺:「無料なんだろ?」
     と、認知っぽく話しを元に戻す。

明日も営業の人、来ないかなぁ。。。(爆)


テーマ:つぶやき - ジャンル:福祉・ボランティア

言ってんじゃねぇかよ~

今日も、何かの説明会でした。(何だか分からなくなってますぅ~)

しかし、毎回思うけど説明聞いてるのはいいですよ。
まだ耐えられると言うか、分からないことなので聞く気にはなりますよ。
だけどさ~、質疑応答の時間がねぇ~。
こないだなんか、介護報酬のことで、わざわざ正式には
議会の承認受けてから決まることなのでとか説明あってだよ、
しかも、司会者がそのこと念押ししてだよ、他の諸々のこと
も未だ「正式には決まっていません」って言ってることを何で
質問するんだよっての。あれで疲れが一層増しますね。

免許返上?

最近誕生日を向かえましたが、今年は運転免許の更新が
あります。近々、手続きに行く予定ですが・・・

昨日、今日と少し遠出してきました。

昨日のことですが、途中で凄い事故現場に遭ったです。
事故が起きたばかりのところに出くわしました。
本当に交通事故にお互いに気をつけたいものです。
その事故の一方の車ですが、シルバーマークが
付いた車でした。

丁度、私自身も仮に自分に自信があってもある程度の年齢
になったら自主的に免許返上したほうが無難なのかな?とか
考えていたところなので、ちとビックリしました。

勿論、昨日の事故の詳細までは分かりませんが、以前にも
高齢者の事故現場に遭遇したことがあります。
その事故は、右折車線で信号待ちをしていたら、私の更に
右側(つまり対向車線にはみ出して)後方から追い抜いて
右折しようとした高齢者運転の車が対向車と衝突した事故
です。
なんちゅう運転するんじゃ~って事故でしたね。
高速道路の逆走とか、いろいろな事故散聞しますが、けっこう
「強引」な運転する高齢者っいますよね。
「高齢者の事故」ってアメリカではすでに社会問題になって
いるそうですが、日本でも時間の問題でしょうね~。

特定?高齢者

昨日、とある場所に来月から始まる「予防介護」
のケアプランの講習に行ってきました。

今後は、「予防」と「自立支援」が主体となって
行くことはいいことだと思います。

で、予防が必要な要するに少しあぶなっかしい、今
から筋力トレーニングとか転倒予防とかのやってお
いた方がいいよって人を「特定高齢者」って言うん
だって。以前の「虚弱高齢者」よりはいいかなとも
思うけど、もうちょっと洒落たネーミングないもん
ですかね?


帰りに知り合いのKさんと飲んだんだけど、あの人
も、なんか「特定ケアマネ」って感じ(人のことは
言えませんが)

B型二題

「一昨年、平成16年の年の暮れのこと」
当時、私は自宅マンションの自治会の理事をしていました。
年末の「もちつき大会」でのこと。

・登場人物

私(司会進行係)
理事長
市役所の支所長

以上、何故か全員B型。で、開会の挨拶。

私  :本年は、梅雨時の豪雨、夏季の台風、未だ記憶に新し中越地震    と災害の多い一年でしたが、当コミュニティーでは幸いにも
大きな被害もなく・・・・
理事長:ただ今、司会の方よりお話があったように、当コミュニティー    でも、ヒマラヤ杉が折れ、ケヤキが倒れるなど大きな被害に
遭いましたが・・・(んな事、言ったかよ・・・)
支所長:前のお二人からもお話があったように、無事この日を本年も迎    え・・・(誰の話聞いてんだよ・・・)

「先週と今日の話」
うちの事務所から一番近い事業所が今月で撤退することになりました。
そこの所長のTちゃん(こいつもB型)から夕方℡あり。
「俺、ストレス溜まっちゃてさ~、是非、マリオ(本名は別です)さんに聞いてもらいたい話あるのよ。」って言うのね。
仕方なく、誕生日だったけど、じゃ来ればって言ったよ。
で、一応、俺、今日、誕生日なんで~って言ったら「あ、そうなの。で
ね、うちの会社さぁ~・・・・」私「ま、ビールでも飲みなよ」で、あとは何故か私に背を向けて、うちのサ提(サービス提供責任者、別名S責とも言う)と延々くだらない話してやんの。
したら、今日、ウイスキー持ってきたから
私:あれっ、何で俺がウイスキー好きだって知ってるの?
T:こないだ自分で最近はウイスキーだって言ってたじゃん。
  (背中越しに、聞いてたらしい・・・)
  これ、軽井沢の地ウイスキーだよ。
私:酒屋でよく見るよ。
T:そうでしょう。見たことないでしょう。
  (だから、よく見てるって言ってんだろ)
  珍しいから呑んでみてよ。
  (あるよ既に。旨くねぇ~んだよ)

 聞いてないようで聞いてて、聞いてるようで聞いてないのが
 特徴ですね。

どーなんですかね~

三浦某著の「下流社会」を読みましたか?

話題の本でもあるし、最近やたらと「格差社会」が取り上げられて
いるので読んでみました。それから「這い上がれない未来」って本
も読みました。

この仕事って、好むと好まざるとに関らず人の「生活」の中に踏み込んでいくことになりますよね。この仕事を介護保険施行時からしてるけど、最近、経済的には景気が回復したとか言われているようですが、現実は全然そうは思えないですけどねぇ~・・・

うちの事業所もどうなるんだろうかって思う今日この頃ですね。

釣りネタ

先日、久しぶりに釣りに行きました。

朝、船宿に着いてザッとメンバーを見渡しましたが、
よくよく見ると結構高齢化してますね。(失礼)

船釣りを始めた頃は、20代の釣り人もチラホラいたけど
今は(特に深海釣り)どう見ても、50代後半中心ですな。
ちと、先が心配な状況です。

古物商?

そー言えば、今回の改正で軽度介護者に対する
福祉用具貸与に大幅な制限がかかりますね。

そこで、介護用ベッドや車いすの扱いですが、
即座に引き上げと言う訳にも行かず、当然にそのまま
買い取るって利用者さんの要望が多いのも事実です。

そこで、販売ということになるのですが、これには
古物商の許可がいるんだと。

もともと、古本屋にはよく出入りしているし、うちの
事務所の隣の隣の隣は古本屋だった。
去年の暮れに閉めたけど。

それに、釣り道具の中古販売もやってみたい商売だったので
古物商の許可申請することにしました。

まだ、会社の定款書き換えの手続きするところですが
晴れて?古物商となることになりそうです。

介護保険法改正

いよいよ来月から介護保険制度の大幅な改正?ですね。

今日も、帰りがけに仲間のケアマネから愚痴とも質問
ともつかない電話がありました。

改正に合わせたソフトのバージョンアップもまだなので
来週から利用者さんには説明に歩く予定です。

今月と来月は、施行時とはまた違った混乱に陥るでしょうね~。

テーマ:ケアマネ - ジャンル:福祉・ボランティア

福祉に向くのは何型

某スレッドに「B型に福祉は無理」ってのがありますた。

そうかもしれませんが、無理ってことはないと思いますよ。

ブログ始めました

介護職の皆さん、こんにちわ

ブログ開設しますた。
どこまで続くか分かりませんが、ガンバリますだ。




テーマ:ケアマネ - ジャンル:福祉・ボランティア

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。